商品情報にスキップ
1 1

BOOKS KUBRICK

笹井宏之第一歌集『ひとさらい』

笹井宏之第一歌集『ひとさらい』

通常価格 ¥1,320
通常価格 セール価格 ¥1,320
セール 売り切れ
税込み。 配送料はチェックアウト時に計算されます。

A5判変形、並製、112ページ
著者:笹井宏之
発行:書肆侃侃房

彗星のように現代短歌を駆け抜けた
笹井宏之の第一歌集。

きみは、絶望なのか?
きみは、希望なのか?

第4回歌葉新人賞受賞作
「数えてゆけば会えます」収録。

2009年1月、26歳の若さでこの世を去った佐賀の天才歌人、笹井宏之。やさしさと切ないほどの透明さを兼ね備えた作品は短歌というジャンルを越え、今もなおファンを増やし続けています。

【著者プロフィール】
笹井宏之(ささい・ひろゆき)
1982年佐賀県生まれ。2004年に短歌を作りはじめる。
2005年、連作「数えてゆけば会えます」で第4回歌葉新人賞を受賞。2009年1月24日、26歳で永眠。
歌集に『ひとさらい』『てんとろり』『八月のフルート奏者』(すべて書肆侃侃房)、作品集に『えーえんとくちから』(ちくま文庫)がある。2019年の没後10年にあたり、笹井宏之賞が創設された。

詳細を表示する
No reviews